住宅ローン借り換えNAVI~金利比較他、借り換え専用のサイト
今借りている住宅ローンよりもお得なローンが見つかるかも! 住宅ローンの借り換えでお得に借りよう!

住宅ローンを借り換え

借り換えはお得?

一般的に借り換えには、手数料がかかります。
その手数料を差し引いてもトータルでプラスになるなら、借り換えは意味があります。
特に、金利が高い時期に固定で借りている場合、変動で借りている場合で
金利が高くなっている場合は有効です。

それでは得する借り換えを考える時に重要になるのは何でしょう。
よく言われるのが金利差・ローン残高・返済期間の3つです。
この3つのポイントをよく比較し検討して、借り換えがあなたにとって
本当にベストなのかどうかを判断するようにしてください。
大まかに借り替えたときに得になる数値の目安をあげると

1・現在のローンとの金利差が1%以上
2・残り返済期間が10年以上
3・ローンの残高が500万~1000万以上

全てに当てはまる場合は、借り換えの効果は非常に高いといえます。
今すぐにでも実際に借り換えを検討されることをお勧めします。
金利差については1%以上なくても、仮に0.5%であっても特に返済期間が長い場合、
借り換えた方がお得になることもあります。
借り換えについて気になる方は是非研究してみてください。
カードローンの借入と同じく、住宅ローンも借換が便利です。

借り換えするならしっかり比較してから

あなたが現在借りている住宅ローンは金利が高いなと思ったことはありませんか?
もしくは、今よりもっと金利が低い住宅ローンなら月々の返済額も少なくなって楽になるのに・・・
と考えたことのある人はたくさんいると思います。
ゼロ金利政策は解除されたとはいえ現在はまだ低金利の状態が続いています。
ですから金利の高い時代に住宅ローンを組んだ人や変動金利タイプの住宅ローンを組んだのだけど、
当初の優遇期間が終わって、金利がグンと高くなったという方はより低金利のものに借り直したいと
考えているのではないでしょうか。
そんな時に具体的に考えたいのが住宅ローンの借り換えです 。


実際に住宅ローン借り換える場合にはどこに注目して、どの住宅ローンを選べばよいでしょうか?

今までは借り換えは民間の商品しか利用不可能でした。
しかし、平成19年度から住宅金融支援機構が新しいタイプの「フラット35(保証型)」という商品を出したのです。
この(保証型)の一番大きな特徴は借り換えでも利用できるという点にあります。

フラット35(保証型)は通常のフラット35(買取型)と同様、長期固定金利タイプですから、
将来的な金利上昇のリスクの心配がありません。また現在の低金利でフラット35(保証型)を利用することで、
借り換えを行った時点ですぐに利息が減る効果も期待できます。

しかしフラット35(保証型)を取り扱っている金融機関は今のところ少ないので、まだまだ条件によっては、
民間の住宅ローンでの借り換えの検討が必要になります。現在フラット35への借り換えを検討している方は
あまり選択肢がありません。

Q:借り換えしたほうが有利なのはどんな場合でしょうか??

A:住宅ローンの借り換えを行うことで有利になる、得になる場合というのは一般的に、
ローンの残高が500万~1000万以上残っていて、返済期間が10年以上ある場合、
そして借り換え前と後での金利の差が1%以上ある場合とされています。

借り換えとは新規にローンを組むのと同じことですから諸費用も必要になってきます、
借り換えによって発生した利益が借り換えにかかる費用より少ないとかえって損をして
しまうことになりますから注意しましょう。

Q:借り換え時に必要な諸費用にはどんなものがありますか?

A:まず現在あなたが住宅ローンを利用している金融機関にローンを一括返済するための
繰り上げ返済手数料や抵当権抹消費用を支払う必用があります。新しく借り換えローンを
組む金融機関では、新規にローンを組むことになりますから、登記の費用や、印紙税、
事務手数料などで総額50万から80万円ほど必要になることもあります

もちろん、この金額は金融機関によって異なってくるものです。

保証料無料などの場合は総額20万ほどで収まる場合もあります。

SBI住宅ローンでは、万一の場合でも安心の『8疫病保障特約プレミアム』を無料でつけることが可能。

ガン(悪性新生物)や脳卒中をはじめ、急性心筋梗塞・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の8疫病にかかり、就業不能状態になった場合、ローン返済相当額を保障。

さらに、就業不能状態が12ヶ月を超えて継続した場合、住宅ローンが0円になるので万一の時も安心です。

また、住宅ローン利用者が病気やケガで入院した場合、10万円を一時金として支払ってもらえるところも大きな魅力となっています。